総計: 417998  今日: 18  昨日: 33       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
0000000000
挨拶
施術内容
リンパ健康療法
料金・特典・割引
交通案内
整体院風景
整体日記
リンパスクール
リンク
  体と整体
    整体の話(その1)
    整体って何?
    整体とは?
  予防医学推進
    ステビア(その1)
    ステビア(その2)
    ホルミシス効果 その1
    ホルミシス効果 その2
    ホルミシス効果ジェルクリーム
  営業時間案内
    3月16日から4月15日迄の営業案内です.
  グループ店
    鹿児島からだ回復センター
    リンパサロン和
    ゆらぎや整体
    整体院ふぁいん
    あおば療院
  忍者ツール
    カウント
    Ninja Tools PR
  あなたへのメッセージ
    その1
 ボックスのタイトル : 予防医学推進
 題名 : ホルミシス効果 その1

ホルミシス効果

放射線は微量であれば決して毒ではない。それどころかかえって生命の活力を刺激し、健康に役立つことの方が多い。最近、この現象に対して微量の放射線だと、ホルモンのように作用するという意味でホルミシス(放射線のホルミシス効果)という考えが提唱され、研究されるようになってきました。
 放射線のホルミシス効果と言う言葉は、アメリカのラッキー教授が、少しの放射線量だと「体の健康に役立つ」と提唱したのがきっかけで、各国で盛んに研究されるようになっています。この事実は多くの実験データーや臨床データによる研究によってこの論文の結果を裏付けています。我が国ではかなりかなり昔から、先駆的研究者によりこのような研究や臨床データが盛んに積み重ねられて来ていたのですが、残念なことに一部の研究にとどまってしまい、いつの間にか忘れられていました。
 しかしラッキー教授によりアメリカで「ホルミシス」の論文発表発表によって「微量の放射線は身体によい」ということが知られてくると、やっと我が国でも数十年ぶりに「低線量放射線と健康の関係」が認識されることになったのです。更にこれらは、NASAが宇宙に人を滞在させるに当たって、宇宙での放射線の影響を調べることからも研究が始まったのです。放射線の危険性と健康におけるすばらしい有用性が多くの実験で明らかになり始めてきているのです。
 しかし未だに日本の学会の一部では、原爆被爆国と言う特異性からか、放射線は少しでも危険だという大量の放射線を基にした「直線仮設」を支持している研究者が多くいます。最新の研究を無視し、根拠の乏しい古い概 念を元にし、先入観だけで積み上げた認識を基本に、いまだに固い頭の中にはびこっているのが現状で、その結果、日本の放射線の被爆量基準も、少しでも放射線を浴びない方が良 いというまちがった基準を元に設定されたものを未だに使っています。
 低レベル放射線のホルミシスという言葉は、何らかの恣意的な規制や制限によって曲げて伝えられているこの現状を「私たちの健康を守る」という切り 口で広く、そして分かりやすく考えて見る必要があるのではないかということで、ホルミシストをスタートしたのです。
 私たちの周囲を見回してみますと、健康に良いといわれている製品の中には、ほんとうは危険なものがあり。従来、危険と理解されているものの中に、実際は使い方次第で健康にとってほんとうに大切なものだったということが後で分かったということは、良くあるものです。
 本物と偽物を多くの中かららしっかりと自分の目で見極めて実践すること、そのためには最新の、しかもしっかりとした研究成果の情報に触れ留事が大切です。さらに「噂ではない本当の体験談」に触れて、自分の経験で判断することが非常に大切と考えるのです。
 放射線は私たちの細胞にあるDNAに少しの傷を付けています。細胞は自らの生命を守るために自己修復を促しているのですが、もし修復のできない細胞は自殺させてしまうプログラムを持ち、未然に除外することで、ガンなどになるかもしれない危険な要因を持ってしまった細胞 を、その危険な要因が動き出す前に取り除くことをおこない、重大な病を未然に防いだりするのもその一つで、この活動をアポトーシスと呼びます。
これも私たち生命が、自然界から発生する多くの障害から、自己を守り、対抗して健康を維持するために自らが進化の過程で備えた大切な機能です。
 この機能は、毒を少しだけ処方した「薬」でも同じです。人にとって危険な薬物も私たちの体を刺激することで、自らの体に備えた命の免疫機能を刺激し、呼び醒まして快復させてくれます。
 勿論、ラジウム温泉の中に含まれる低レベルの放射線は、体の疲れた細胞を外から刺激、内からはラドンで刺激して快復を早めてくれます

ラジウム温泉について

 日本で有名なラジウム温泉といえば、山梨県の増富温泉、鳥取県の三朝温泉、それと岩盤浴の玉川温泉が特に有名です。
特に玉川温泉は古くから「難病を治す」とされ、昭和の初め頃東北大学医学部や岩手大学、弘前大学などにおいて盛んに研究され、その研究で博士の学位を贈られた学者が8名にも上るほど。玉川温泉の医学的効果は「玉川温泉研究会」が発足するほど、多くの学者によって数々の詳細な臨床的研究が行われてきました。
 また、三朝温泉は日本を代表するラジウム温泉とされ、岡山大学医学部の御舩先生のグループが37年間にわたる統計の研究から、三朝地域のガン死亡率は全国平均の2分の1であると発表されています。
このようなラジウム温泉や岩盤浴の地域では、温泉や土壌、岩盤から発生するラドンや微量の放射線が、肉体が本来持っている自然治癒力を刺激・活性化しています。
 この微量のラドンや放射線が、人間の自然治癒力を刺激・活性化する効果を「放射線のホルミシス効果」(最近テレビなどでも報道され良く知られるようになってきました)といいます。つまりラジウムから発生するラドンや微量の放射線がまるで薬のように、私たちの身体の潜在的生命力を刺激し、健康を維持するための元気をつくりだしてくれるのです。放射線のホルミシス効果とは、要は放射線の程度の問題です。
 勿論多くの放射線を急激に浴びた場合は非常に危険ですが、ほんの少しだけの放射線を、時間をかけてゆっくりと利用する事は、私たちの生命の力を呼び覚ましてくれて、健康や若さのためにとても良く役に立つのです。
 この程度の限界点を「しきい値」と呼んでいます。この値は人によって差があるのは事実ですが、日頃から極微量の放射線を生活に取り入れることが健康にとって有用なのは多くの研究に結果から明らかになっています。

-->
EasyMagic Copyright (C) 2008 Mobilesystem Co.,Ltd. All rights reserved.